800PX-~1

家のお墓、先祖のお墓を無縁墓にしない方法

お墓を守っていく大前提になるのは、承継者を見つけることです。
法的には、お墓の祭祀承継者は長男でなくとも実子でなくともかまいません。誰でもなることができます。
兄弟姉妹や他家に嫁いだ娘でも甥、姪、親戚などに頼むこともできます。
ただし、寺院墓地や民間霊園の場合は、管理規定で承継者が限定されている場合もあります。

手続き的には、墓地管理者に対して墓地使用権者の名義変更手続きをします。それに対して、戸籍謄本や誓約書などの書類の提出を求められます。
また、承継者になるには、精神的負担がかかることでもありますので、関係者で話し合うことが大切です。

祭祀承継者が見つからない、いない場合には、いずれ無縁仏になります。
それを避けるには、現在のお墓に入っている遺骨を永代供養墓に移転(改葬)することです。
その場合、現在のお墓は更地に戻して管理者に返還することになり、墓石撤去工事が必要です。


家族親族に祭祀継承者がいない場合は

永代供養墓の場合は、管理規定の中に「遺骨の祭祀継承者を管理者とする」旨の規定がある。
つまり、仮に後になって祭祀継承を名乗り出ても受け入れられることはない。
両親が子供に内緒で申し込んだ永代供養墓に納骨されている遺骨を、合祀されていない場合であっても取り出すことは出来ないことになる。(あくまで規定上は)

前述のように、祭祀継承者は誰でもかまわない。管理者である必要もないことになる。
信頼できる人に依頼することもできるのである。
管理費等が必要のない公営墓地もしくは永代管理料を払っている場合は、名義変更のみでお墓は永久に存続可能になり、無縁仏になることもない。
また、管理料が必要の場合は、支払いを委託する契約も可能であるはず。この場合は、法的根拠が必要になってきますが。
自身の葬儀や死後の手続きを委任する「死後事務委任契約」もあるが、あくまで短期的な委任契約であり、自身の死後のことであり、委任内容がきちんと実行されたかどうかの監視体制が不十分ではある。

つまり、無縁仏にしない方法(抜け道)は、存在するのである。
特に、現在公営墓地にお墓をお持ちの方は、安易な返還は避けるべきである。札幌市営墓地の再公募にどれ程の倍率であるかを想像するとお分かりだと思います。
遠くの故郷の公営墓地にあるお墓を札幌など現在の住まいの近くの民間霊園に移転(改葬)する場合、管理料の負担を子孫に残すことになる。

そして、この少子化の時代に男系子孫が何代も続くと思いますか?
この先、子供がたくさん増える時代が来ると思いますか?

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
  • ライブドアブログ