6-264

はじめに、一般的なお墓、納骨堂の承継者は誰になるのか?

お墓や仏壇などの祭祀財産は、一般的な相続財産(不動産等)とは区別されている。
祭祀財産の承継者は、
1.生前に祭祀承継者を指定する。
 私が亡くなった後、お墓の面倒はアンタが見てね!と口頭若しくは文書(遺言書)で指定しておく。一般的な相続財産の相続人以外でもかまわない。
2.慣習による承継
3.指定や慣習では承継者を決められない場合、家庭裁判所の判断。

よって、祭祀承継者は、長男でなければならないこともないし、他家に嫁いだ娘でも被相続人の指定があれば祭祀承継者になれる。
ただし、寺院の場合は、「檀信徒に限る」と規定されているところもあります。
また、承継者は墓地使用者の直系尊属の男子に限るなんて規定を設けている時代錯誤な寺院もあります。

さて、
前述の1番に「祭祀承継者は、生前の祭祀承継者を指定できる」と書きました。
これが、ここで紹介している永代供養墓の承継者の指定に該当します。
永代供養墓には、祭祀承継者を管理者に指定する旨の規定が設けられています。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
  • ライブドアブログ