9-020

お墓参りができない人に代わって、あるいはお墓参りをしてくれる人がいなくても、代わりにお寺や霊園などが責任を持って永代に渡って供養と管理をしてもらえるお墓です。

遺骨は、一般的に不特定多数の他の人と一緒に納められることから、合祀塚、合同墓、共同墓などと呼ばれています。

永代供養墓の納骨は、


1.最初から遺骨を骨壷から出して、他の人と一緒に合葬する。
2.当初は骨壷のまま安置して、ある一定期間経過後合葬する。
3.遺骨の一部を永代に安置し、残りは合葬する。

 

納骨されている方の名前の記録は、

1.石板の墓誌に彫刻
2.過去帳に記載

3.墓籍簿に記載

などに分かれています。


一般的には、骨壷の状態では改葬(移転)可能であり、合葬すると不可能になる。
お寺や霊園によって異なりますので、確認が必要。


永代供養墓では、どのように供養してくれるのか?

1.毎年春・秋彼岸、お盆に合同供養
2.祥月命日あるいは毎月の命日
3.年回忌供養

その他に、
墓前で行うのか本堂で行うのか
個別戒名(法名)を読み上げるのか
いつまで行うのか

お寺や霊園によって異なります。

1.お墓参りに行かなくても、お寺や霊園が責任を持って永代に渡って供養と管理をしてくれる。
2.合祀型は、墓石代金がかからないので、一般のお墓と比べて安い。
3.一式料金を一度支払えば、その後の管理費、お布施など費用がかからない。
  ただし、生前予約の場合は、年会費(護持費)、管理費等を支払う形式になっているところもあります。
4.過去の宗旨宗派は問われません。
 ただし、お寺が管理するものは、そのお寺の宗派に沿った形式で供養されます。

 

費用について

永代供養料、永代使用料、永代管理料が一式の料金で設定されています。

その他に、納骨料、墓誌彫刻代金は、別途設定されているところもあります。

 

また、生前に申し込む場合は、年会費・入檀料など別途かかるケースもあります。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
  • ライブドアブログ